魚の目 薬 おすすめ

魚の目に効くおすすめの薬とは!?

スポンサーリンク

魚の目を治すときに、一番良い方法はやはり病院に通うことなのですが、忙しくて病院に行けない場合などもありますよね。
そこで、魚の目の治療に役立つ薬には何かおすすめの薬や人気の薬はあるのでしょうか?
市販薬でも治すことができるといいですよね。
市販薬で最もポピュラーなのは、ニチバンのスピール膏です。
こちらは、絆創膏タイプの薬で、数日間貼っておくことによって皮膚を柔らかくし、魚の目を除去することができるものです。
貼っている間は魚の目をカバーすることもできるので、痛みを和らげることも期待できます。
非常に手軽な方法で、軽症の場合にはこれだけでも芯が取り除けた事例もあるようなので、病院に行くことができない場合には一度試してみるのもよいでしょう。
ただし、皮膚の弱い人の場合はかぶれてしまうこともありますので普段から絆創膏などでまけてしまう人は控えた方がよいでしょう。

スポンサーリンク

絆創膏が苦手な場合には、液体タイプのお薬もあります。
たとえば、横山製薬のイボコロリなどは、スピール膏と同じくサリチル酸という成分の角質軟化溶解作用によって、魚の目を取り除くことができます。
使用方法は、キャップに付属されている棒に薬液をつけて塗るだけです。
お風呂上がりなどの体が温まっている時に使用するのが効果的ですし、薬液が乾いた後であれば、薬の使用後に入浴しても問題がないとされています。
塗った薬は3〜4日ほどすると白く膜を貼るようになるので、ピンセットなどでゆっくりとはがします。
はがれにくい時や痛みが生じる時には、すこしお湯につけながら作業すると取り除きやすくなります。
患部が完全にとれるまで、この方法を繰り返して行いましょう。
このように、市販薬でも魚の目に効果のある商品は販売されています。
うまく利用して、早く痛みから解放されたいですね。
しかし、市販薬では完全に魚の目を除去しきれないことも多いです。
ですので、芯が深くにある場合や再発してしまった場合などは、早めに病院で診察してもらい、適切な処理を行うことをお勧めいたします。

スポンサーリンク

 

 

 

無理せず魚の目のケアをするなら♪

 

一度魚の目ができてしまうと、しっかり対処しなければ再発しやすいと言いますよね。

 

とはいえ、自分で対処するのも大変ですし、病院に行くのもメンドウ…

 

そんなときには、自分でも簡単に始められて続けやすい、クリームパックなどがオススメです。

 

しっかりとケアして、憧れのツルツルな状態を目指していきましょう♪