魚の目 病院 痛い 治療

病院での魚の目の治療はやっぱり痛いの!?

スポンサーリンク

魚の目を病院で治療する場合、費用や治療期間なども気になるところではありますが、他にも気になるのは、治療の痛みですよね。
早く完治させてしまいたいところですが、なるべく痛みのないように治療はしたいです。
実際のところ、痛みはどの程度なのでしょうか?
魚の目の治療方法にはいくつか種類があり、これによって痛みの大きさも変わってきます。
たとえば、症状が比較的軽く、スピール膏による治療を行う場合にはほとんど痛みはありません。
数日のあいだ薬やテープを取り換える対応をするだけですので、治療による痛みと言うものは生じずにすみます。
他に一般的な治療方法としては液体窒素を患部にあてるほうほうがあります。
綿棒などを使って液体窒素で魚の目を焼くようなかたちになりますが、こちらの場合には痛みが生じてしまうことがあります。

スポンサーリンク

魚の目の大きさなどにもよって感じる痛みの大きさは異なってきますが、再発防止のためにしばらくの間通院することになる場合が多いので、完治するまでは痛みに耐えなければならなくなることもあります
また、レーザーによって魚の目を焼く方法もあります。
こちらの場合では麻酔を打つために、治療中には痛みを感じることはありません。
治療後に麻酔が切れた時に痛みが生じることもありますが、これもそれほど大きな痛みではないことが多いです。
最後に、手術による治療を行った場合についてです。
実は、治療後数日から1週間程度は痛みが残り、歩くのも少し辛い場合があるようです。
手術を受ける際には手術後に生活や仕事に支障がないかについても含めてお医者さんに相談しておいた方がよいでしょう。
手術による痛みや、術後の痛みを最小限に抑えたいという要望をきちんと伝えておくことによって、治療方法を変更したり、麻酔の使い方を検討するなど、考えられる手段がいくつか出てくるので、事前の相談が非常に重要ですね。
担当のお医者さんを信じて任せるためにも、不安や疑問はなるべく解消しておきましょう。

スポンサーリンク

 

 

 

無理せず魚の目のケアをするなら♪

 

一度魚の目ができてしまうと、しっかり対処しなければ再発しやすいと言いますよね。

 

とはいえ、自分で対処するのも大変ですし、病院に行くのもメンドウ…

 

そんなときには、自分でも簡単に始められて続けやすい、クリームパックなどがオススメです。

 

しっかりとケアして、憧れのツルツルな状態を目指していきましょう♪