魚の目 治療 期間

魚の目の治療に必要な期間はどれくらい?

スポンサーリンク

魚の目になってしまうと、ひどい時には立っているだけや歩くだけでも痛みが生じてしまい非常に辛いですよね。
そんな魚の目を治療するのに必要な期間と言うのはどれくらいなのでしょうか?
治療期間というのは、魚の目の芯の深さや取り除きやすさ等によって異なってきます。
芯の位置が浅い部分にあり、比較的簡単に取り除くことができれば数日から1週間程度で治療することも可能です。
しかし、魚の目が大きい場合には1ヶ月ほどかかってしまう場合もあります。
魚の目が大きい場合や、芯が深い位置にある場合などは治療に時間がかかってしまったり、再発する可能性が高くなります。
特にも、自力でなんとか芯を取り除こうとした場合には、なかなかうまくいかず、結果として完治にかかる期間が長くなってしまうこともあるのです。

スポンサーリンク

特にも治療に時間がかかってしまう原因となるのが、芯をきれいに取り除くことができずに残ってしまうことにあります。
症状が軽度である場合には、市販のばんそうこうタイプの商品で治療することも可能ですが、芯が残ってしまうことも多く、結果として治療の期間が長引いてしまうことがありますので、早めに病院で診察してもらい、適切に芯を取り除くことが大切です。
なお、自力でピンセットなどを用いて芯を取ることはあまりおすすめしません。
傷口から細菌などに感染してしまう恐れや、化膿してしまうこともあるので、より状態が悪化してしまうことがあるからです。
そういった観点から考えても、やはり専門家に一度診てもらうことが確実でしょう。
医者に診てもらった結果、手術が必要となる場合もあります。
手術を行った場合には、数日から1週間程度は手術後に痛みが続いてしまうことがありますが、再発するリスクもかなり低くなりますので非常に効果的です。
わざわざ魚の目で病院に行くことはないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、これが治療期間を最短にする方法であることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

 

 

無理せず魚の目のケアをするなら♪

 

一度魚の目ができてしまうと、しっかり対処しなければ再発しやすいと言いますよね。

 

とはいえ、自分で対処するのも大変ですし、病院に行くのもメンドウ…

 

そんなときには、自分でも簡単に始められて続けやすい、クリームパックなどがオススメです。

 

しっかりとケアして、憧れのツルツルな状態を目指していきましょう♪