足の裏 魚の目 痛くない

魚の目だと思ったのに痛くない!?足の裏にできたイボの正体とは?

スポンサーリンク

足の裏にイボができてしまったと言う場合には、ついつい魚の目だと考えてしまいがちですよね。
ですが、実は足の裏のイボは必ずしも魚の目とは限りません。
それでは、このイボの正体は何なのかと言いますと、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)というウイルス性のイボである可能性があります
イボの先端部分には表面近くまで血管がきているので、場合によっては血管が詰まって黒い点に見えることもあります。
ウイルス性なので、移って数が増えてしまうと言う特徴もあります。
このように、魚の目とは異なる特徴を持っているイボもあるのです。
確かにイボではありますが、色などの見た目が魚の目の場合と異なりますので、気を付けていれば判別することはそれほど難しくないかと思います。

スポンサーリンク

気をつけたいのは、魚の目だと勘違いして皮膚を削ってしまうことです。
削ってしまうと魚の目の場合とは異なり、出血したり痛みを伴うので判別はしやすいのですが、それでも削ってしまった場合、傷つけられた細胞にウイルスが感染して次々と増殖してしまいます。
これ以上症状を悪化させないためにも、早めに病院で治療してもらうことが大切です。
治療方法は、一般的に、液体窒素を含ませた綿棒を数回患部にあてて行うものですが、それなりの痛みが生じてしまうことが辛いところです。
また、しばらくするとウイルスが再度増殖してしまうこともあるので、定期的な通院が必要となる場合もあります。
治療にはある程度の期間を必要としますが、根気強く取り組んでいくことが必要です。
途中で治療を中断してしまうと悪化してしまうことがありますので、多少症状が和らいだとしても、完治するまでは継続して治療を行いましょう。
見た目なども多少良くなったからと言って油断してしまってはいけません。
完治するまではしっかりと対処していきましょう。
中途半端に治療を行って、完全に治りきる前に治療をやめてしまうと、再発してしまう可能性も考えられますので、きちんと対処することが大切です。

スポンサーリンク

 

 

無理せず魚の目のケアをするなら♪

 

一度魚の目ができてしまうと、しっかり対処しなければ再発しやすいと言いますよね。

 

とはいえ、自分で対処するのも大変ですし、病院に行くのもメンドウ…

 

そんなときには、自分でも簡単に始められて続けやすい、クリームパックなどがオススメです。

 

しっかりとケアして、憧れのツルツルな状態を目指していきましょう♪