魚の目 痛い 歩けない

歩けないほど痛い魚の目!その治療方法とは?

スポンサーリンク

一度できてしまうと、歩けないほど痛みが生じてしまうこともある魚の目。
男性に多い症状のようなイメージを持つ方も多いと思いますが、実は若い女性にも多い症状でもあります。
最近はおしゃれのためにヒールの高いブーツなどを履く女性も多くなり、足に負荷がかかってしまっていることが原因と言えるでしょう。
このように、多くの人が悩まされる魚の目ですが、歩けないほどの痛みというのは非常に辛いものです。
なんとかして、早く治療したいですよね。
魚の目はどのようにして治療すれば良いのでしょうか?
痛みから一刻も早く解放されたいがために自力で治療してみようとする方も多いです。
市販薬を使って治すことも可能なのですが、カッターなどで皮膚を削ったり、ピンセットで芯を抜くような方法は取ってはいけません。

スポンサーリンク

なぜなら、芯を取り除いた傷口から細菌が入り込んでしまう可能性があるからです。
その結果、患部が膿んでしまい症状が悪化してしまうことがあるのです。
また、このようにしてリスクを冒してまで芯を取り除いたつもりでも、実は奥深い部分にまだ芯が残っていたと言う場合もあります。
このような事態を防ぐためには、きちんと皮膚科や外科などに行って診てもらい治療を受けましょう。
これが一番確実で、最も早く魚の目を治す方法になります。
再発してしまう可能性も低いので、きちんと治すにはやはり病院が一番です。
しかし、中には忙しくてなかなか病院に行く時間が作れないと言う方もいらっしゃいますよね。
そのような場合には、市販されているスピール膏を貼って治す方法もあります。
3〜4日ほど貼っておくことで、芯を取り除くことができる場合もありますので、忙しい方は、これらを利用するのも良いかも知れません。
ただし、スピール膏だけでは芯が取りきれない場合も多いので、やはり最終的にはきちんと病院で診察を受けることをおすすめします。
自力で治していくのも良いですが、決して無理しないように気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

 

 

無理せず魚の目のケアをするなら♪

 

一度魚の目ができてしまうと、しっかり対処しなければ再発しやすいと言いますよね。

 

とはいえ、自分で対処するのも大変ですし、病院に行くのもメンドウ…

 

そんなときには、自分でも簡単に始められて続けやすい、クリームパックなどがオススメです。

 

しっかりとケアして、憧れのツルツルな状態を目指していきましょう♪