魚の目 芯 長さ

魚の目の芯の長さはどれくらい?

スポンサーリンク

魚の目を治療していくうえで非常に重要になってくるのが、魚の目の芯をきちんと取り除くことです。
きれいに芯を取り除くことによって、再発を防ぎ、きちんと治療することができるようになります。
しかし、やはり厄介なのは、芯をきれいに取り除くことが難しいということです。
きれいに取り除くことができたと思っていても、実は皮膚の奥深い部分に芯が残ってしまっていて、しばらくしてから魚の目がまた現れてくるということもあるのです。
このようになかなか厄介な魚の目の芯ですが、いったいこれはどれくらいの長さを持っているものなのでしょうか?
魚の目の芯の長さは、症状の重さなどによって多少異なるようです。
症状を放置してしまっていて、症状が悪化してしまっているときには、芯の長さが1cm以上になってしまうこともあるのです。

スポンサーリンク

1cmもの長さのものが、足の指の皮膚の奥に存在していると考えると、なかなか厄介ですし、想像しただけでもちょっと怖いですよね。
また、自力でこれほどの大きさのものを取り除くのは難しいというのは想像に難くないと思います。
もちろん軽症であればここまで芯も大きくなく、数ミリ程度ではありますが、やはりきれいに取り除くことができているのかどうかを判断するのは普通の人には難しいでしょう。
このためやはり、皮膚科などで治療を行うことが重要になってくるのです。
確かに自力で治療するのに比べてどうしても治療費がかかってきます。
しかし、きちんと芯を取り除くことができずにいつまでも症状が続いてしまうのに比べると、結果として費用も抑えることができますので、早めに適切な治療を開始することが重要になってきます。

スポンサーリンク

 

 

無理せず魚の目のケアをするなら♪

 

一度魚の目ができてしまうと、しっかり対処しなければ再発しやすいと言いますよね。

 

とはいえ、自分で対処するのも大変ですし、病院に行くのもメンドウ…

 

そんなときには、自分でも簡単に始められて続けやすい、クリームパックなどがオススメです。

 

しっかりとケアして、憧れのツルツルな状態を目指していきましょう♪