魚の目 手の指 治療

手の指の魚の目の治療

スポンサーリンク

魚の目といえば、足にできてしまうことが一般的なイメージですが、時として、足だけではなく手の指にも魚の目ができてしまうこともあります。
このように、手の指に魚の目ができてしまった時にはどのように治療をしていけばよいのでしょうか?
手の指に魚の目ができてしまった時にも、基本的には足に魚の目ができてしまった時の治療方法と同じになります。
スピール膏などによって、皮膚を柔らかくし、皮膚の奥にある芯を取り除くという方法があります。
また、皮膚科では液体窒素を使用した治療も行うことがあります。
これについても、足の魚の目と対処方法が一緒になります。
再発しないようにきれいに芯を取り除くことが大切ですので、なるべく自力で治療するよりも、病院で対処してもらう方が良いでしょう。

スポンサーリンク

また、手の指に魚の目ができてしまった時には、その原因についても考えておいた方が良いでしょう。
仕事や日常生活の中で、魚の目ができてしまった部分に多く負荷がかかっていたなどということはありませんか?
例えば、ペンだこができるくらい、いつもペンを握っている時間が長いとか、現場作業が仕事で、これによって、指の一部分に刺激が伝わることが多いなどといったことがあるのであれば、その部分についてのケアを行っていく必要があります。
そうでないと、せっかく治療を行ったというのに、再度魚の目が現れてきてしまうこともあるのです。
そのようにならないためにも、なぜ手の指に魚の目ができてしまったのかを把握するようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

無理せず魚の目のケアをするなら♪

 

一度魚の目ができてしまうと、しっかり対処しなければ再発しやすいと言いますよね。

 

とはいえ、自分で対処するのも大変ですし、病院に行くのもメンドウ…

 

そんなときには、自分でも簡単に始められて続けやすい、クリームパックなどがオススメです。

 

しっかりとケアして、憧れのツルツルな状態を目指していきましょう♪