魚の目 パッド 痛い

魚の目のパッドを使っても痛いときはどうする?

スポンサーリンク

魚の目を取り除くためにパッドを使用していくという方法もあります。
しかし、せっかくパットを使ったのにも関わらず、きちんと魚の目の芯を取り除くことができず、痛みが続いてしまうことがあるようです。
このようにパッドを使用しても痛みが継続してしまう時にはどのようにすればいいのでしょうか?
パッドを使用してきちんと芯を除去したつもりでも痛みが続いてしまう原因としては、きちんと芯を完全に除去することができていなかった可能性が考えれれます。
きれいに芯を取り除くことができていれば、再発はしないですむのですが、少し残ってしまっていると、そこから簡単に魚の目は再発してしまい痛みが出てきてしまうのです。
パッドを使用したあと、きちんと芯をきれいに取り除けたかどうか確認することが大切です。

スポンサーリンク

小さな魚の目の場合には、パッドだけでも取り除くことができたりするのですが、少し芯が大きい場合などにはきれいに取り除けないことも少なくありません。
この場合でも芯が取れるまでじっくりと取り組んでいくほかないでしょう。
ピンセットなどで、すっぽりと取れるまで継続することが大切です。
そこまで対処したのにもかかわらず、どうしてもきれいに取れない場合には、やはり病院に行って対処していく必要があります。
病院に行くとなると費用や時間もかかってしまいますが、確実に対処していくことができますし、長い目で見れば時間を短縮することにもつながります。
何度も再発してしまう場合や、一つの魚の目の除去に数週間かかってしまっているときにはやはり病院に行った方が早いですね。

スポンサーリンク

 

 

無理せず魚の目のケアをするなら♪

 

一度魚の目ができてしまうと、しっかり対処しなければ再発しやすいと言いますよね。

 

とはいえ、自分で対処するのも大変ですし、病院に行くのもメンドウ…

 

そんなときには、自分でも簡単に始められて続けやすい、クリームパックなどがオススメです。

 

しっかりとケアして、憧れのツルツルな状態を目指していきましょう♪