魚の目 芯 大きい

魚の目の芯が大きい時の対処方法

スポンサーリンク

魚の目の芯を取り除こうとしていた時に、その芯がとても大きく対処に困ってしまっていることはありませんか?
魚の目の芯が大きかった時にはどのように対処したらいいのでしょうか?
魚の目の対処方法としては、お風呂上りなどの皮膚が比較的柔らかくなっているときに、カッターなどを使って削っていく方法が以前から行われている方法です。
少しずつ皮膚を削っていき、魚の目の芯をピンセットなどで取り除くのです。
芯が大きかったとしてもやり方としては一緒になります。
しかし、この方法の難点としては、どうしても時間がかかってしまうことです。
一回のチャレンジで芯をきれいに取り除くことは難しく、大抵の場合は数週間かけてじっくりと取り除くことが多いようです。

スポンサーリンク

このように時間をかけて行っていくのがもどかしい場合には、別の方法で芯を取り除く必要があります。
例えば、スピール膏です。
こちらは皮膚の角質を溶かす作用があり、皮膚を柔らかくして魚の目を取り除くことができます。
小さい魚の目ならば簡単に取り除くことができるのですが、魚の目の芯が大きい場合には、何回か行う必要がある場合もあります。
連続して使用すると皮膚へのダメージも大きくなりますので、使用頻度は守るようにしましょう。
どうしても自力で取ることができないときや、取ったつもりがきれいに取れていないという場合には、やはり病院に行って専門家に相談するのが一番でしょう。
魚の目の芯を取り除くのに失敗すると、その部分が化膿してしまうこともあるのですが、魚の目の芯が大きいと、きれいに除去するのも難しくなってしまうことが多いので、最初から病院に行くのも良い判断でしょう。

スポンサーリンク

 

 

無理せず魚の目のケアをするなら♪

 

一度魚の目ができてしまうと、しっかり対処しなければ再発しやすいと言いますよね。

 

とはいえ、自分で対処するのも大変ですし、病院に行くのもメンドウ…

 

そんなときには、自分でも簡単に始められて続けやすい、クリームパックなどがオススメです。

 

しっかりとケアして、憧れのツルツルな状態を目指していきましょう♪