子供 魚の目 治療方法

子供にできた魚の目のようなものの治療方法とは?

スポンサーリンク

子供の足の裏にも魚の目のようなものができてしまうことがあります。
しかし、この魚の目のようなものの正体は、実は魚の目ではないかもしれません。

 

子供にできやすく、魚の目によく似た症状として、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)という病気があります。
こちらは、ウイルスが原因となって発生する病気なので、放置していると、そのままイボのようなものが大きくなったり、数が増えてしまったりします。
次々と増えてしまう前に、しっかりと治療を行うことが大切です。

 

一方、魚の目は皮膚の角質が固くなることによって起こるものです。
原因は全く異なりますので、注意するようにしましょう。
魚の目との見極め方としては、痛みの強さを確認してみることです。

スポンサーリンク

魚の目の場合には歩くだけでも痛みが生じることが多いですが、尋常性疣贅の場合には痛みなどはあまりありません。
重症化している場合には痛みが出ることもありますが、痛みを感じないイボがたくさん出てしまった時には、この病気を疑ってみるようにしましょう。

 

尋常性疣贅を治療していくためには、免疫力を向上させていくことと、根本的な原因であるウイルスをやっつけるという手段を取ります。
また、液体窒素で除去する場合もあります。

 

いずれの治療方法でも、病院で行うことが基本なので、まずは皮膚科などのお医者さんで診てもらうようにしましょう。
もしかすると、さらに別の病気である可能性も考えられますので、専門家に診察してもらうことが一番の解決方法です。
素人判断で、魚の目だと思って患部を傷つけたりはしないようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

 

無理せず魚の目のケアをするなら♪

 

一度魚の目ができてしまうと、しっかり対処しなければ再発しやすいと言いますよね。

 

とはいえ、自分で対処するのも大変ですし、病院に行くのもメンドウ…

 

そんなときには、自分でも簡単に始められて続けやすい、クリームパックなどがオススメです。

 

しっかりとケアして、憧れのツルツルな状態を目指していきましょう♪