魚の目 原因 手の指

手の指にも魚の目が!?足ではなく指にもできる原因とは?

スポンサーリンク

魚の目と言えば、普通は足の裏や足の指などにできますよね?
「立ったり、歩いたりするだけで痛いなー」
と言うのが一般的な魚の目のイメージだと思います。
通常の足にできる魚の目というのは、多くの場合、サイズの合わない靴を履いていることによって摩擦が起こってしまい発生するものです。
しかし、実は魚の目は手の指にもできてしまうことがあります。
原因としては、やはり足の場合と同じように局所的な摩擦のような刺激が与えられていることが考えられます。
タコのようなもので、芯ができているのであれば、手の指の魚の目の可能性が高いです。
例えば、普段ペンを握って仕事をすることが多いなどと言うことはありませんか?
試験前などの勉強熱心な学生などにもありえる話です。
ペンダコの場合もありますが、芯ができていれば魚の目でしょう。

スポンサーリンク

あるいは、工場などに勤務されていて、指の一部分にだけ負荷がかかっているなどと言うことはありませんか?
このような場合にも、手の指に魚の目ができてしまうことがあります。
治療方法としては、足にできてしまった魚の目と同じようにスピール膏を使って取り除くことができます。
必要であれば、皮膚科や外科で診察してもらって、治療を行うと良いでしょう。
足の場合と同じように手の指にできてしまった魚の目も芯を除去することが大切です。
大抵の場合、魚の目と言えば足の問題だと思ってしまうので、指にできてしまった場合には戸惑ってしまうことも多いと思いますが、根本的な原因や対処方法は足の魚の目と変わりません。
きちんと対処して痛みや悩みから解放されたいですね。
また、治療のための対処だけではなく、やはり根本的な原因を取り除くことができるように工夫することも大切になってきます。
仕事や勉強で手を使わなければいけないことはよくわかりますが、指への負荷が少ないような道具を使用したり、手袋などによって保護することができないかなど、自分で工夫できる方法はないか考えてみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

 

 

無理せず魚の目のケアをするなら♪

 

一度魚の目ができてしまうと、しっかり対処しなければ再発しやすいと言いますよね。

 

とはいえ、自分で対処するのも大変ですし、病院に行くのもメンドウ…

 

そんなときには、自分でも簡単に始められて続けやすい、クリームパックなどがオススメです。

 

しっかりとケアして、憧れのツルツルな状態を目指していきましょう♪