魚の目 削る 道具

魚の目を削るのに良い道具は?

スポンサーリンク

一度足の裏などに魚の目ができてしまうと、立っているのも歩くのも痛みが生じてしまって辛いですよね。
可能であれば病院で治療をするのが一番良いのですが、実際には忙しくて行けないと言うこともあると思いますし、そもそも面倒だと感じている人も多いのではないかと思います。
このようなときには、魚の目の痛みを軽減させたり、芯を取り除くために自力で色々と対策しているものと思います。

 

代表的な手段としては、絆創膏タイプのお薬や塗り薬、液体タイプのものなど、様々な市販薬を用いて少しずつ芯を取り除いていく方法があると思います。
さらに、もっと伝統的な方法としては、やすりなどで角質を削りながら、ピンセットや毛抜きなどによって芯を引き抜いてしまうと言う方法もありますよね。

スポンサーリンク

魚の目を削る方法と言うのは痛みを軽減させるためにも昔からよくつかわれている方法ですよね。
魚の目を削るために良い道具などはないのでしょうか?

 

通常、魚の目を削るといったら、やすりなどを連想すると思います。
しかし、今は魚の目やその芯を削るための良い道具があるのです。

 

例えば、スピール膏というものがあります。
これは絆創膏タイプのお薬で、これを数日貼っておくことで、皮膚が白くなってはがれるようになります。
小さめの魚の目であれば、これだけで簡単に芯まで取ることができますし、多少大きい魚の目や深い位置にある芯もピンセット等によって引き抜きやすくなります。

 

しかし、あまりにも芯が奥深い場所にある時は、この方法によって芯をとることは非常に困難です。
無理して引き抜こうとすると、周囲の組織を傷つけてしまう恐れがありますので、病院で確実に治療されることをオススメします。

スポンサーリンク

 

 

無理せず魚の目のケアをするなら♪

 

一度魚の目ができてしまうと、しっかり対処しなければ再発しやすいと言いますよね。

 

とはいえ、自分で対処するのも大変ですし、病院に行くのもメンドウ…

 

そんなときには、自分でも簡単に始められて続けやすい、クリームパックなどがオススメです。

 

しっかりとケアして、憧れのツルツルな状態を目指していきましょう♪