魚の目 芯 深い

意外と深い魚の目の芯。その深さはどれくらい?

スポンサーリンク

魚の目の治療で非常に重要になってくるのはやはり芯をきれいに取り除くというところにあります。
しかし、重要だと言うことが分かっていても深い部分に存在していてなかなかきれいに取り除くことができないというのが魚の目の厄介なところです。
丁寧に切除するのであれば、一番良い方法は皮膚科や外科での手術を受けることが考えられます。
それにしても、この魚の目の芯というのはどれほど深い場所に存在している物なのでしょうか?
一般的な魚の目の場合、芯の深さは1〜2mm程の場所に存在していると言われています。
このような数字でみると、そこまで大きいものではないと感じられますが、実際にこれほどの大きさの異物が体の中に入っていると思うと、意外と大きく感じられることもあるでしょう。

スポンサーリンク

しかし、これくらいの深さであれば市販薬を用いて自力で取り除くこともできなくはないですし、病院で治療する場合にも手術まで行う必要はないので、費用もそれほどかかりません。
しかし、魚の目が悪化してしまっていると、芯の深さが1cmほどに達する場合もあります。
ここまでくると、なかなかに大きいですよね。
想像してみればお分かりになると思いますが、スピール膏などの市販薬によって、これほどの深さの芯をきれいに取り除くことはまず不可能だと思います。
痛みもそれなりに大きいでしょうから、手術による切除をされた方が確実に短期間で痛みを解消することができるはずです。
それにしても、1cmというのは思っているよりもずいぶんと深いように感じますね。
とてもピンセットや毛抜きなどを使って取り除けるような気もしません。
無理に取り除こうとした結果、逆に傷口を痛めて化膿させてしまうことも考えられますので、無理せずお医者さんに診てもらいましょう。
症状をこれ以上悪化させてしまわないためにも、やはり専門家に見てもらうということは非常に大切になってきます。
なかなか時間がなかったり、治療費がかかってしまうために病院には行きたくないという気持ちもわかりますが、やはり、早く確実に治すためには、病院での治療がもっともよいことは言うまでもありません。

スポンサーリンク

 

 

 

無理せず魚の目のケアをするなら♪

 

一度魚の目ができてしまうと、しっかり対処しなければ再発しやすいと言いますよね。

 

とはいえ、自分で対処するのも大変ですし、病院に行くのもメンドウ…

 

そんなときには、自分でも簡単に始められて続けやすい、クリームパックなどがオススメです。

 

しっかりとケアして、憧れのツルツルな状態を目指していきましょう♪