魚の目 液体窒素 治療期間 痛い

痛い!液体窒素による魚の目の治療期間はどれくらい?

スポンサーリンク

魚の目の治療方法のなかでもメジャーなものに、液体窒素による治療があります。
こちらはそれなりに痛みを伴う治療方法なのですが、それだけに、あまり治療の期間は長くない方がありがたいですよね。
できる限り、早く魚の目の症状は治してしまいたいものです。
一体どれくらい治療期間が必要となるものなのでしょうか?
液体窒素による魚の目の治療というのは、通常は1回では終わらないものです。
なぜなら、魚の目というのは再発のしやすい症状であり、数回にかけて芯を除去することによって
完治を目指すものだからです。
治療にかかる期間というのは残念ながら魚の目の大きさなどによって異なってきてしまうのが現状ですが、液体窒素による治療の場合には1回目の治療のあと、2週間後くらいに改めて同じような治療を行います。

スポンサーリンク

さらにその2週間後にもう一度液体窒素による治療を行えば、直径5mm程度のものは治ると言われています。
期間としては1ヶ月ほど、合計3回の治療で治るということですね。
まずはこの1ヶ月を1つの目安として治療をうけるのが良いかも知れません。
なお、液体窒素を用いた治療方法の場合には痛みが強いのは実際に液体窒素を当てている時と、終わった後少しの間にかけてです。
ちなみに、液体窒素での治療法というのは、-196℃の低温によって魚の目の部分を壊死させてしまうというものです。
ですので、痛みを強く感じやすいのですね。
一時的には痛みが生じてしまいますが、症状を放置していて、いつまでも痛みが長引いてしまったり、悪化してさらに強い痛みに襲われてしまうよりはずっと良いでしょう。
もし、もっと早く痛みから解放されたい場合には、手術による切除を行った方がよいかもしれません。
この場合は、手術後も数日間は痛みが続く場合がありますので、よくお医者さんと相談して方針を決めた方が良いかも知れませんね。
魚の目の治療方法は1つだけではありませんので、様々な方法や選択肢を吟味して、治療を進めていきましょう。

スポンサーリンク

 

 

 

無理せず魚の目のケアをするなら♪

 

一度魚の目ができてしまうと、しっかり対処しなければ再発しやすいと言いますよね。

 

とはいえ、自分で対処するのも大変ですし、病院に行くのもメンドウ…

 

そんなときには、自分でも簡単に始められて続けやすい、クリームパックなどがオススメです。

 

しっかりとケアして、憧れのツルツルな状態を目指していきましょう♪