魚の目 病院 何科 治療

魚の目を病院で治療するなら何科に行けばいい?

スポンサーリンク

魚の目が足の裏などにできてしまうと、歩くのも辛いですよね。
病院に行ってしっかりと治療したいところですが、一体何科の病院に行けばよいのでしょうか?
一般的に連想するのは皮膚科ですよね。
こちらでももちろん治療はしてもらえますし、同様に外科でも治療を行うことができます。
皮膚科に行って診察を受けると、軽度の場合、まずはスピール膏というシールによって、魚の目をふやけさせて柔らかくし、そこを削り取ることによって除去する方法が取られます。
また、魚の目の芯だけを除去する機械を用いたり、根が深くにある場合にはレーザーによる治療を行うこともあります。
いずれにしても、魚の目の芯を取り除くことが目的となります。
芯をきちんと取り除くことによって、再発することを防ぐことができるためです。
再発を防ぐためにも、化膿させないためにも、病院できちんと治療を進めていきたいところですね。

スポンサーリンク

症状が軽度であればあるほど治療も簡単になりますので、可能であれば初期のうちに病院で診察してもらい、早めに対処できると良いですね。
ちなみに、魚の目の痛みをかばいながら歩いているうちに、他の部分が痛くなってしまった等と言う場合には、皮膚科ではなく整形外科などを受診しましょう。
無意識に痛みが出る体勢を避けて歩いていると、それによって他の部分に負荷がかかってしまい、痛みが生じてしまうことがあります。
これによる関節や筋肉の痛みは整形外科で対処可能なのです。
ただし、根本的な原因である魚の目そのものも何とか治療しなければ痛みを繰り返してしまいますので、やはり皮膚科や外科による魚の目の治療も必要となってきます。
魚の目は比較的治療しやすい皮膚のトラブルとされていますので、皮膚科でも外科でも同様に有効な治療を施してくれるでしょう。
足の裏の痛みに我慢したり、たかが魚の目と軽くみないようにし、早く病院で診てもらって必要な対策をうち、痛みから解放されると良いですね。

スポンサーリンク

 

 

 

無理せず魚の目のケアをするなら♪

 

一度魚の目ができてしまうと、しっかり対処しなければ再発しやすいと言いますよね。

 

とはいえ、自分で対処するのも大変ですし、病院に行くのもメンドウ…

 

そんなときには、自分でも簡単に始められて続けやすい、クリームパックなどがオススメです。

 

しっかりとケアして、憧れのツルツルな状態を目指していきましょう♪